教室の日々を綴る

お稽古 日誌

New2018年04月08日

玉川流 春の勉強 おさらい会

玉川流 春の勉強 おさらい会
平成30年4月8日(日)
玉川流 春の勉強 おさらい会が玉川流本部稽古場で行われました。
 
おさらい会は、日ごろの勉強の成果をみんなの前で披露する会となります。
勉強会とは言っても本番と同じ流れで進んでいきます。。もちろん一回こっきり、やり直しが聞き...
 
 

New2018年03月05日

”祝・舞台開き” 玉川聖・稽古場お披露目の会

玉川流 上石神井稽古場
玉川流 玉川聖師範の稽古場開き・お披露目会が執り行われました。時は3月4日午後1時、玉川小寿々先生はじめ、師範、弟子たち関係者が集まり口上・清めの儀式・固めの杯・舞台染めの舞い・当主の舞いなどが執り行われ無事に舞台開きとなりました。今後こちらは玉川流上石神井稽古場として稽古がはじまります。みなさまよろしくお願い申し上げます。
 
 

New2017年03月20日

殺陣鼓道俳優メンバー日本舞踊本部稽古

日本の伝統文化をまなぶ
つつじが丘稽古場で殺陣・日本舞踊を学んでいる俳優メンバーたちが仕上がり具合を発表するために本部稽古場に集合しました。まだ初めて1年くらいですがみんな俳優ですからそれなりに自分自身を表現していました。今後もますますの精進を期待します。
 
 

 きちんと、気楽に。
丁寧に楽しく学べます。

和の心を大切に日本人らしく生きる
先人たちが様々な形で積み上げてきた日本の伝統文化や伝統芸能。
その中で歌や和楽器に合わせて舞う日本舞踊は古来より様々な人を楽しませて参りました。
その先人たちの思いを継承し、日本人として日本の心を継承することを玉川流は目指しています。

私たちもお勧めします。

玉川大輔(真田広之)
 
奈良橋陽子
 

お弟子さんの声

日本舞踊を通して知る「和の心・美しさ」

所作が美しくなりたいと始めた日舞。所作はもちろん、日本の四季の美しさを感じ、文化・伝統を知ることで日本人の心にふれることができます。可憐な藤の精、粋な芸者、元気な男の子。役者をする上でも、様々な役で踊ることはとても勉強になります。また海外の方にも、日本文化をひとつ自信を持って話せるようになりました。


日本舞踊・玉川流・玉川扇千代日本舞踊・玉川流・玉川扇千代

玉川扇千代(本名・高田衿奈)女優

2010年入門・2013年9月名取取得・出身地東京都・奈良橋陽子主催UPS出身

敷居が高く感じていたお着物が、とても身近なものに変わりました

 普段着る機会のないお着物。だけど日本人なら誰しも少なからず興味のあるものだと思います。私もそうでした。初めは浴衣でさえ上手に着付けられず、先生に手伝って頂いてやっと着られるくらいでしたが、着る機会が出来ると窮屈だった浴衣・お着物が体に馴染んでしっくりくるようになりました。


日本舞踊・玉川流・玉川扇女日本舞踊・玉川流・玉川扇女
玉川扇女(本名・坂上嘉世)女優
2010年入門・2013年9月名取取得・出身地和歌山県・奈良橋陽子主催UPS出身
初めての日舞初めての日舞
日本舞踊で素敵になる日本舞踊で素敵になる
日本舞踊Q&A日本舞踊Q&A
玉川流事務所
お問い合わせ・ ご質問は お気軽に事務局まで